2020年5月26日火曜日

事務所の事業承継をしてもらえる人


私は調査士事務所に補助者として7年勤務し、今年その先生と調査士法人を設立し、現在役員として勤務しております。その先生は将来私に事業承継するつもりです。
私は元々独立志望でしたが、いい環境を整えてもらっているので、特に不満はございません。

昨年、Kさんからこんなメールをいただきました。開業ガイダンスでも本人に直接アドバイスしましたが、先日同じ状況の別の方からご相談をいただきましたので、この点についてこのブログでも、もう少しお伝えしたいと思います。

私は「本当の実力」が付けば、営業しなくても仕事は来ると言っています。
ただし、自分で独立開業してから、その実力が世間に知られるまでにはそれなりの時間がかかります。
だから、今勤めている事務所の事業承継ができるのなら、そのタイムラグが縮められるので、とてもありがたい話だと思います。

一方、私がいつも言っているように「お客様は事務所につくのではありません。人につく」ことは忘れてはいけません。
事務所を承継してもらっただけでは、業務の最初のきっかけはできるかもしれないけれど、お客様が定着するかどうかは分かりません。
「前の先生は良かったけれど、今度の先生はちょっと…」ということをよく聞きます。

補助者が勘違いしているのは「本当の実力」の意味です。
登記手続きや測量ができただけで「自分には実力がある」と思い込んでいることだとすれば、とても怖いことです。それは登記事務です。
我々専門家の一番の実力とは、お客様の相談や悩みに総合的に答えて、解決できることでしょう。お客様は、その資格者の人格を含めた専門家としての総合力に対して相談に来ます。
お客様の悩みを分析して、法的に、経済的に整理して、各種解決法を考えます。
そしてその先に各種の手続きとして、各士業の業務に落とし込みます。
お客様は、基本的に手続きだけ頼みに来るのではありません。

登記手続や測量技術を身に付けるには、頑張って練習すれば、長い時間はかかりません。
しかし補助者を何年やっても、意識をしてトレーニングをしていないと、お客様の相談に総合的に答える能力は身に付きません。

「事務所を君に承継させたい」という言葉に単純に安心してはいけません。
その事務所を承継する前に、お客様の相談に対応する先生の言葉をできるだけ聞いて、その中に出てくる知らない知識や言い回しをチェックして、少しでも幅広い知識を身に付けておく必要があります。
また、できるだけ分かりやすい話し方もトレーニングする必要があります。
そしてお客様が先生のどの部分に共鳴してこの事務所に来ているのかを考えてください。
それらの総合力が「本当の実力」です。

これは親が土地家屋調査士の2代目でも同じことです。
事業承継者であっても、実の息子、娘であっても、所詮事務所内部の問題です。
そのときに、必ずお客様が次の世代に移行するわけではありません。
土地家屋調査士は、実力の世界の専門家ですから。











2020年5月19日火曜日

フリクションの完成形 Frixion Point Knock 04

久々の文具ネタです。
私の紹介する文具は、基本的にはビジネスで使える文具です。
もちろん、面白がって買ったものも紹介していますが、基本は新製品のレビューではなく、使って本当に良かったものをアップしています。

実はこのブログの最初の頃は、買ってすぐにアップした文具もありました。
気に入って買ってすぐにブログに紹介したのだけど、その後使い続けるとそれほどでもなかったというペンがありました。
悪いペンではないけれど、紹介するほどのものでもなかったと思いました。
そこで最近は本当にビジネス使用で良かったものを紹介するようにしています。

さて、そこで今日の文具は「フリクション・ポイント・ノック04」です。
昨年末に発売されました。
昨年すぐに買ってから、印象が全く変わらないので、今日はこのペンを紹介したいと思います。




フリクションシリーズは、ご存じのとおり、書いた文字等をこすると摩擦熱で透明になる仕組みのインクを充填したゲルボールペンです。
このシリーズは結局全部買ってきました。
このブログでもほぼ全部紹介してきたと思います。

私のビジネスでは頻繁に変更になる予定を手帳に記載するときや、図面のチェックをするときや、勉強のために書籍に書き込むときなどにフリクションは欠かせませんでした。

もちろん、気に入って使ってきましたが、いまいちインクが薄いとか、速い筆記だと擦れるとかの問題がありました。最近の滑らかなペンを使っているとその差は気になります。
それでも文字が消える機能がありがたいので、そのウィークポイントは見ないことにして使ってきました。

しかし、この「フリクション・ポイント・ノック04」では、そのウィークポイントが驚くように解決しているのです。
0.4mmの極細ペンなのに、インクが濃くてフローが滑らかです。
鮮やかな発色で書き心地が良いのです。
初めて使ったときは本当に驚きました。


写真では分かりにくいかもしれませんが、一番下が「フリクション・ポイント・ノック04」です。その上が私が手帳で使う「フリクション・ボール・スリム038」です。
コントラストの違いが分かるでしょう。
上から2番目は「フリクション・ポイント・ノック10」です。
太さが1.0あるのでインクフローが良く、インクも濃く見えますが、「フリクション・ポイント・ノック04」のインクフローはもっと良いです。

色の種類は8色あります。
B(ブラック)・R(レッド)・L(ブルー)・G(グリーン)・BB(ブルーブラック)・O(オレンジ)・P(ピンク)・LB(ライトブルー)とのこと。

私は写真のとおり、いつもの定番の4色(ブルー・ブラック・レッド・グリーン)を使っています。

ちなみに私の場合、他のボールペンのシリーズのメイン色は黒ですが、フリクションは青のペンがメインになっています。
フリクションの黒色が薄くて、好きではなかったのです。
黒は真っ黒じゃ無いとね。
しかし、この「フリクション・ポイント・ノック04」の黒は本当に黒いのです。
やっと黒を我慢しないで使えるフリクションが出たなと思いました。
フリクションのインクは発売以来、少しずつ改良されていると感じていましたが、今回は本当に良くなりました。

また、細くてもインクフローが良いのはペン先に工夫があります。



一番下の「フリクション・ポイント・ノック04」のペン先が他のペンのペン先と異なっていますね。写真で分かるでしょうか。
「フリクション・ポイント・ノック04」のペン先には、パイロットのきれいなデザインで人気のペンの「ジュース・アップ」と同じシナジーチップが使われています。
これが細くてもフローが良い書き心地を実現しています。

以下の写真がジュース・アップです。
この写真では暗めの色が多いですが、ポップな色も含む全22色の展開で、とてもきれいなペンです。



まあ、文具屋さんに行くことがあったら、騙されたと思って「フリクション・ポイント・ノック04」を買ってみましょう。普段使いの色を1本だけで良いです。
フリクションのイメージが変わりますから。



「おまけ」
これは何でしょう。


冬の暖房器具の近くのケースに収納していてインクが薄くなったフリクションをラップに包んだところです。このまま冷凍庫に入れる前の写真です。
マイナス10度以下に一晩以上置いておくと、色が戻ります。
基本的に家庭用冷凍庫はマイナス18度以下と設定されています。

2020年5月10日日曜日

何歳であっても、君は一年生


だって君はこの世界に来てまだ1年経っていないのですよ。
どんな世界でも一年生なら何もできなくて当たり前です。
焦らなくて良いでしょ。

君が35歳なのは知っています。
でも何か問題ですか?
誰と比べているのですか?
他の職業に就いた同級生と比べているのですか?
同級生は十数年同じ職業を続けているのなら当然働き盛りになっているでしょう。
それを見て焦るなら、同級生と同様に、以前の仕事を続けていれば良かったでしょ。
途中で何故この道を目指したのですか?

我々の世界を冷静に調べてご覧なさい。
平均年齢が60歳前後ですよ。
定年が無いのですから。
君がこの世界に15年遅れて入ったなら、75歳まで頑張れば良いだけでしょ。
君に働く能力があるのに辞めなさいとは、誰からも言われませんよ。

だから君の絶対年齢を忘れなさい。今20歳だと考えなさい。
これから働ける人生の長さを考えたら、今新社会人になったと考えれば良いだけです。
その時代時代に沿った実力を保ち続けていれば、いつまでも仕事ができるのです。
もちろん、勉強を続ける精神力と健康を維持する体力を磨き続ける必要があるけどね。

家族からのプレッシャーがあるのですか?
もし、あると考えるなら、それは違いますよ。
君自身に迷いがあって、焦っているから、家族にも伝染するのです。
君自身が納得して、笑顔で頑張っていれば、当然家族は納得しますよ。

君がこの世界を歩みたいのなら、当然に人並み以上の努力は必要です。
1年努力した程度で、プロの専門家としての実力が得られる訳ないでしょ。

実力があれば、何歳になっても仕事を辞める必要はありませんが、仕事ができないままなら、いずれ辞めざるを得ません。

この世界に来たからには、焦らずに、腹を据えて、人生を考えなさい。
何歳であっても、君はまだ一年生なんだから。






5月12日加筆
このブログの「君」は、開業を焦る試験合格者です。
ろくに仕事ができないうちに開業しても、お客様に迷惑をかけるだけですので、焦らずじっくりと勉強して実力を付けてから開業した方が良いという内容のつもりです。
開業してしまった新人の土地家屋調査士を甘やかす内容ではありません。
開業してしまったのなら、じっくりなんて言ってられません。
必死で勉強しなさい。それができないなら、辞めなさい。
プロの専門家に一年生や初心者マークはありません。

2020年4月28日火曜日

手洗いとうがいと貴重な時間


ゴールデンウィークに入るというのに、この新型コロナウィルスのために外出自粛という事態ですが、不満を言っても仕方ありません。
自分だけの問題ではありません。家族も仲間も守らなければなりません。
今は皆で我慢するところは我慢して、頑張るところは頑張って、早くこの状態を乗り切りましょう。

基本的に空気感染ではなく接触や飛沫による感染とのこと。
とにかく頻繁な「手洗いとうがい」が重要です。
また無理しないで体力を上げておくことですね。


我が家のムッフーも手洗いとうがいを励行しています。




さて、自分が元気であっても、これだけ長い期間外出できない環境は、人生で最初で最後かも知れません。
だったら、この環境でしかできないことがあるはずだと思って、この時間を無駄にしないように過ごしたいと思います。









2020年4月24日金曜日

負けず嫌いとプライド

君が負けず嫌いなことは分かった。

君がプライドが高いことも分かった。



それなら

「君の負けず嫌い」は、今の君の勉強量で勝てると信じているのかい?

「君のプライド」は、今の君の知識レベルを許すのかい?





2020年4月8日水曜日

格好つけずに奥様に頭を下げて

このコロナウィルスの脅威の中、集合形式による私主催の土地家屋調査士事務所開業ガイダンスは様子見ですが、個人的相談はお受けいたしております。
その中で、先日個別指導をさせて戴いたNさんからその後の報告が届きました。

Nさんは昨年合格され、個人事務所の開業を目指しています。
話を伺ったところ、開業時に事務所の設備が何が必要で何が不要なのかの判断ができていなかったことと、当面の収入の見込みが甘いように見受けられました。
お金の面も含めて、格好つけずに奥様に頭を下げて、自分の計画としばらくの我慢を理解してもらいなさいと言いました。

また、開業には実力を付けることが必須です。
しっかりした土地家屋調査士の先輩の事務所で修行することをお勧めしていますが、Nさんは近隣の土地家屋調査士事務所を廻って勉強させて欲しいと言って、全部に断られたようです。
募集していないところに行くわけですから雇ってもらえる可能性は少ないし、近隣でまもなく開業する前提の人を指導したくない先輩も少なからずいるでしょう。
だから、近隣だけではなく何故もう少し遠くまで動かないのか、遠くに行けばもっと土地家屋調査士人口の多い市があるでしょうと言いました。

ではNさんは、日々独学で頑張っているかといえば、どこかの事務所に入れたらそこで勉強できると思っているようで、私には現在のところ必死で勉強しているようには見えませんでした。
ですから少し強めの言葉で指導しました。

そのNさんから、今日とても嬉しい報告をいただきました。
私は今後もNさんを応援します。




以下Nさんからの報告

先日は、貴重なお時間とご教授を賜り、誠にありがとうございました。
自分の甘さ、未熟さが痛切に染みました。

特に強くご指導頂いた3点
①家族の理解
②調査士事務所での修行
③周辺知識も含めた勉強
について、ご報告させていただきます。

①について頭を下げたところ、妻からは、
「あなたの収入を見込まず生活設計しますので、その分、老後の分はよろしくね」
と、理解を得られました。将来キチンと返します。

②について、◯◯支部の◯◯先生にご指導頂ける事となりました。
支部内とはいえ、◯◯先生の拠点は◯◯町なので、他支部に行くぐらい遠いです。
使命感に燃えているとても尊敬できる先生です。
しっかりと修行を積みます。

③について、宅建に関する法律を足掛かりに、勉強を継続しております。
最新法令を押さえながらの調査士六法・登記六法の範囲の網羅、それ以外に必要な法令の理解。膨大ではありますが、具体的イメージを描きながら、一日一日を大事に積み上げます。

そしてこれからは、これら以外にご指導頂けた事項も含め、進むべき道、正しい方向性を自分でキチンと見つけ、見極められる人を目指します。
本当にありがとうございました。
今後とも宜しくお願い申し上げます。



2020年4月1日水曜日

建物できるまで図鑑

近年、土地家屋調査士試験合格者に対する事務所開業ガイダンスなどを通じて、開業の悩みや不明点に答えてきていますが、開業した新人の業務に関する相談も結構受けていました。

最近とても感じるのが、新人の土地建物に関する周辺知識の欠落と言って良いほどの知識不足です。
いつも言っていますが、あの程度の試験合格で一人前にお客様の登記を受託などできません。試験は不動産登記法や一部の法律だけです。土地や建物の基礎的知識もなく、単に登記書式や測量や作図ができれば業務ができると思っているなら、お客様にご迷惑をお掛けしますので、今すぐ看板を下ろすべきです。看板を下ろさないにしても、業務を受託してはいけません。
急いで勉強しましょう。

さて、最近直接相談を受けた方も、合格して建物の登記を受託したようですが、まったく建築に関して知識がありませんでした。
受託してしまったので今回の登記の処理は私が教えますが、これからも受託したいなら急いで勉強しなさいと指示しました。

具体的には、関連法律は全部読みなさいということです。
「土地家屋調査士六法」「登記六法」等という専門六法もありますが、それらに収録されている法律は関係あるから、言い方を変えれば勉強しなければならない法律だから、収録されているのです。土地家屋調査士の先輩達はそれら全部をマスターしているから業務を受けられるのです。(耳の痛い人いる?)

何も知識の無い人がすぐに全部を理解するのは難しいでしょうが、建物の登記をしたいのなら、まずは建築基準法から読みなさいと言いました。
精読はしても今は理解できないと思うので、とりあえず全部を流して読んで、建築基準法の理念と建築の流れを掴みなさいと言いました。

また建物の構造も理解していないと、現地で壁の外側から見ただけでは調査にならないこともあるでしょう。最低限の知識として以下の書籍からお勧めしました。

建物できるまで図鑑 木造住宅   1,800円+税
 作者: 大野隆司 · エクスナレッジ · Book · 113 ページ · ISBN: 4767825814
建物できるまで図鑑 RC造・鉄骨造 1,800円+税
 者: 瀬川康秀 · エクスナレッジ · Book · 112 ページ · ISBN: 4767817196

新人でもない先輩達にもお勧めです。
図鑑ですから、絵本みたいなものです。
見るだけでも楽しいです。





2020年3月22日日曜日

事務所開業資金についてアドバイスを

令和2年3月21日(土)に、日本土地家屋調査士会連合会東北ブロック主催の開業ガイダンスが開催されました。
このコロナウィルスの不安の中にもかかわらず、東北各地から21名の受講者の参加がありました。
参加者の期待と不安が十分感じられましたので、気合いを入れてお話をさせていただきました。

いつものように「すべての質問が終わるまで」というやり方でしたが、質問も前向きなもので、その後の懇親会でも夜遅くまで積極的な会話がなされました。

たくさんの質問の中で、いつも出てくる質問のひとつが「事務所開業資金について」です。
今回も「いくら必要か?」という質問が複数ありました。
「開業資金はいくらくらいだと思っていますか?」と逆に聞いてみました。
皆さんが「500万円」とか「700万円」とか答えますので、「その内訳は?」と更にお聞きすると、そこからの答えが曖昧になります。
「何にいくら、何にいくら...」と具体的に細かく積み上げていないようです。
開業を考えているのに、自分で見積も取っていないのです。
ネットなどで総額だけ言っている人の話を鵜呑みにしているようです。

「皆さんは今から自分で事務所を経営していくのですよね。ネットで匿名で総額だけで話している人をただただ信用して、それを元に経営をするつもりですか。」
そんな話しをしました。
開業する人によって、必要なものと必要な時期が違うはずです。
おそらくその人の能力と当面見込まれる業務などで変わってくるはずです。

「あなたは半年以内に土地の調査測量などの仕事が見込めていますか?もし、まったくその当てがないのなら、何百万円の測量機器をすぐに買って固定費にする必要もないでしょう。」と言いました。
例えば、300万円の測量機器を導入したら、仕事が無くても毎月5万〜6万円程度のリース額ですね。仕事が無くてこの金額を支払うのは辛いと思います。

だから最初は、仕事が来たときだけのレンタルでも良いでしょう。
レンタルなら変動費です。
「測量機器は武士で言えば刀のようなもの。だから貸し借りはだめだ」と言う先輩もいるでしょう。
気にしないでください。そんな人に限って機器の点検もしていないでしょうから。

私は積極的にレンタルを勧めているわけではありません。
でも理想的なことを言って、いつまでも開業できないのなら意味が無いでしょう。
継続的に仕事が来てから買っても良いと思いますよ。

おなじく補助者を雇えば固定費、必要なときに手伝いを頼めば変動費になります。
経営は固定費をどれだけ抑えるかがとても大事です。

また、事務所に必要なIOT設備などにも同じことが言えます。
今まで必要と思っていたものでも、その人によっては、最初不要なものもあるでしょう。
自分の事務所なのですから、匿名掲示板など見ていないで、もっと自分の頭を使って具体的に工夫してください。

もちろん、個々の参加者で個人的事情をお話しいただいた方には、それらの事情に応じてもう少し具体的にお答えしました。

開業資金に関するアドバイスをもう一つ。
しばらくは収入が安定しませんから、設備等を購入する資金があったとしても、当面の生活費を残しておくことが、とてもとても大事です。

応援しています。






2020年3月17日火曜日

調査士実務にできるだけ沿った内容の書籍ですか

土地家屋調査士試験合格後の方が何を勉強すべきかということについて、たまに相談を受けます。一生懸命勉強するつもりの相談ですから、心から応援したいと思います。

以前このテーマで以下のブログを書きました。
これから土地家屋調査士の実務の勉強をする方は、一度お読みください。

2014/12/4「土地家屋調査士試験合格者が読むべき書籍について」
http://fermatadiary.blogspot.com/2014/12/blog-post_4.html

実は本日も以下の質問を戴きました。
本人を特定できない形に少し変更して、いただいた質問と答えを書きます。


土地家屋調査士
鈴木 修 様

はじめまして。突然のご連絡失礼いたします。
私は令和元年度土地家屋調査士試験合格者のYと申します。
◯◯在住です。
私は現在会社員ですが、知人が調査士を開業しており
色々相談をし、また自ら情報を集めて1年以内には現職から
調査士業に移行すべく準備を進めているところです。
現在、会社員ですので休日や空き時間にできるだけ多く
調査士実務に関係する書籍を読みたいと思い、そちらに関しても
情報収集、購買をすすめております。
一つ鈴木先生にお伺いしたいのですが、
都市計画法、農地法、建築基準法に関して調査士実務にできるだけ
沿った内容の書籍をもしご存じでしたら教えて頂けないでしょうか。
上記三法につきましては先例でもしばしば登場し実務に恐らく密接に
関わっているのではないかと思料しますがなにぶん知識が足りない為、
勉強したく考えております。
本来自らに必要な書籍は当然自らの足で探すべきものではございますし、
はじめてメールをさし上げるのにお願いをさせて頂くというのは
甚だ恐縮ではございますが、先生のお知恵を拝借させて頂きたく存じます。
たいへんご多忙のところ、申し訳ございませんが内容のご確認の程、
何卒宜しくお願い申し上げます。



Y様

ご連絡ありがとうございます。
合格おめでとうございます。
応援したいと思います。

しっかり答えたいと思いますが、Yさんのこれらの分野に関する知識、それ以外の分野の知識、書籍を読みこなす力、これからどんな場所でどんな事務所を開業したいのか、その知人から何かアドバイスはもらったのか、それらのバックボーンを教えて戴かないと適切な書籍をおすすめできません。
世間から名著と言われている専門書も、今のYさんには合わない本かも知れません。

また、これらの分野は土地家屋調査士の周辺知識ですが、何故これらの分野の知識が必要か具体的に分からないうちは、どの本を読んでも本当の理解はできないでしょう。

受験とは違います。プロは「これ一冊読めばOK」というレベルではありません。
具体的に何を身に付けるために読むのか、目的を持って狙いを付けて読むのです。
ただ読んでも、プロとして使える知識が増えることはありません。
エッセイを読むのではないのです。プロが書籍で学ぶとはそういうものです。
それらを明確にご相談くださらないと「自分の感覚で大型書店で探しなさい」ということになってしまいます。

一度お電話ください。
今晩にお電話戴くのは問題ありませんが、何時頃とこのメールに返信にて予告くだされば、合わせますので。




2020年3月11日水曜日

3.11

9年経ちました。

あの東日本大震災の年の前後に、私は宮城県土地家屋調査士会会長をやっていました。
それからの数年は、毎日ギリギリの本当に濃密な時間だったはずでしたが、振り返ってみると現実感がないのです。
もちろん記憶は全部残っています。
その記憶の数々は、私の心を大きく揺さぶった記憶のはずですが、今は感情抜きの記憶として残っています。

記憶から感情を省いていくことで、人間は生きやすくできているのかも知れません。

私の家族に被災で死亡した者はおりません。
ただし知人には、明日を夢見たまま、あの日に人生を終えた方がいます。
そんな方の数が1万8428人とのことです。
あの日は、誰がこちらの世界に残るのか、あちらの世界に行くのか、紙一重でした。
日時が少し違ったら、私と彼の人生が逆になっていてもまったく不思議ではありません。

あれから、私の中の何かは確かに変わっています。
運命論者ではないけれど、でも生かされた者の責任は感じています。
大きなことはできないですが、私の声が届く範囲ですが、淡々と他人のためにできるだけのことをしたいと思っています。

黙祷



2020年3月9日月曜日

東北ブロック開業ガイダンスは予定通り開催します

先日、春の開業ガイダンスは延期することに決定しましたと書きましたが、これは私個人が開催しているガイダンスです。
遠隔地開催の会場も私が手配などをするので、新型肺炎の動向を見ながら管理するのは難しいところです。そこで延期することになりました。
様子を見ながらできるだけ早期に再開したいと思っております。

さて、日本土地家屋調査士会連合会東北ブロック協議会開催の「開業ガイダンス(3月21日仙台開催)」についてはどうなるのかというお問合せも来ています。
こちらのガイダンスは私個人の主催のものではなく、東北ブロック協議会の主催のものです。
実際悩みましたが、東北ブロック協議会内で話し合った結果、予定どおりそのまま開催をすることで決定しました。もともと強制ではない集まりですので、ご自分で判断されてご参加戴くということになりました。

参加希望の方は、新型肺炎に関する一般的な注意事項を遵守してご参加ください。

なお、私個人主催のガイダンスの受講対象者は、事務所開業をめざす試験合格者だけではなく、自分の方向性を確認するための試験合格前の方も、土地家屋調査士事務所開業後事務所経営に悩む新人も含みますが、東北ブロック協議会主催のものはあくまでも試験合格者が対象です。
詳細は青森県土地家屋調査士会にお問合せください。

上記のとおり、私個人主催の集合形式によるガイダンスの開催は、日程も場所も新型肺炎の様子を見ながら判断しますが、開催をお待ちになれない土地家屋調査士開業や土地家屋調査士業務に関する悩みや質問は個人的にお答え致しますので、ご遠慮なく私までメールをください。
3月の年度末ですので、即日ご回答できないことも多いと思いますが、必ずメール若しくは電話などでお返事致します。

鈴木修 Email: mucha@rr.iij4u.or.jp



2020年3月6日金曜日

竹軸ガラスペン 佐瀬工業所

ガラスペンは、ご存じでしょうか。
装飾の施された美しい軸と紡錘形のペン先を見たことがあるでしょう。
ガラスペンは、最近のインクブームの中でとても重宝され、見直されているペンでもあります。

これは西本元日調連会長からいただいたものです

今、様々な美しい色のインクが発売されています。
それらのインクの美しい色を楽しむために、ガラスペンならペン先を水で一瞬で洗うことができるので、次々とインクの色を試すことができるのです。

昨今の文具ブームで手書き文具が見直されている中で、ガラスペンを知らない世代にそのペン自体の美しさも受けているのでしょう。

今は趣味性の高いペンという位置づけですが、実はガラスペンは昔から実用品として使われていたペンなのです。
輸入ペン先がとても高価だった頃、その代用品として、日本の風鈴職人の佐々木定次郎氏が作り始めたと言われています。

私は、以前登記官がガラスペンに墨汁を付けて登記用紙に記入しているところを見たことがあります。今のガラスペンの形状ではなく、竹軸にガラス製のペン先がついているものでした。公務員が使っていたのですから、安くて実用的だったのは間違いありません。

さらに、ペン先に数本の溝があり、その複数の溝でインクを吸い上げますので、一般的なペン先よりもたくさんの文字を書くことができます。一回インクを付けたらハガキ1枚程度は書けるインク保持能力があります。

私は、本当に使えて比較的リーズナブルな竹軸のガラスペンを捜していたのですが、佐々木定次郎氏の製法の流れをくむ佐瀬工業所が竹軸のガラスペンを販売していることを知り、今回注文しました。
太字・中字・細字の3本セットです。


竹軸に貼られたラベルもレトロデザインで良いですね。


ペン先は紡錘形で、8本の溝があります。


字の太さはこんな感じです。
細字が一番活躍しそうです。




弱みは、ガラスですから破損しやすいことです。
強みは、強酸性インクや顔料インクでも詰まらずに書くことができること。
上記のとおり、一回のインク補充で長く書けること。
様々なインクを頻繁に替えて書きやすいことです。

歴史的な文具としても押さえておきたいペンです。
私は買って大変満足しています。

興味のある人は一本持っていても良いでしょうが、ガラスペンは外国製の粗悪なものも多いので、安いだけで買うのはお勧めしません。信頼できるところから買いましょう。



2020年3月3日火曜日

やろうと思った


「やろうと思った」は、やっていない。
「今日忙しいから」は、明日も絶対やらない。

将来どんなにお金を出しても買えないのが、今日の時間。

















2020年2月25日火曜日

春の開業ガイダンス延期のお知らせ

何人かに開催のお約束をしていた「春の土地家屋調査士事務所開業・運営ガイダンス」ですが、新型肺炎のために延期いたします。

今年合格された方々から今春開催のガイダンスについてお問合せがありましたが「3月は忙しいので4月か5月に開催したいと思う」とお伝えしておりました。
そこで、適当な開催地と適当な日程を検討していたのですが、実は日々刻々状況の変わる新型肺炎の動向を見ながら迷っていました。
しかし、これから本格感染拡大しそうなニュースが続いていますので、本日春に開催する予定のガイダンスは延期することに決定しました。
お問合せが多いので、今年は少し開催地と開催日を増やそうと思っていたのですが、とても残念です。

暑くなれば新型肺炎が収束しそうです。
その状況を見ながら今年の予定を立てます。
決まったら、またこのブログでお知らせいたします。

ただし、それを待てない事情がある方々や土地家屋調査士事務所を開業したいと考えている試験合格者や、土地家屋調査士法人から独立したい土地家屋調査士や、土地家屋調査士事務所運営上困っている新人の皆さんには、メールで相談を受け、メールや電話等で回答いたします。

ご希望の方は具体的な相談内容を書いて、まずは下記までメールをください。
年度末に向かい即日回答は難しいかも知れませんが、何かはお答えできると思います。

鈴木修 Email  mucha@rr.iij4u.or.jp




2020年2月17日月曜日

補助者勤めと即独の選択肢

Sさん、昨年末東京で開催した土地家屋調査士事務所開業・運営ガイダンスに遠方からご参加いただき、その後、
「お陰様でモヤモヤがワクワクへと変わり決心が付きました。
「土地家屋調査士」になります。」
とのお便りをいただき、とても嬉しかったです。

また先日、試験合格の報告をいただきましたね。
「お陰様で土地家屋調査士試験に合格する事ができました。
ガイダンス後の懇親会で先生に「合格してます」と言い切った手前内心ハラハラの発表でした。正直かなり嬉しいです。
今後ですが幸せにも妻に理解してもらう事ができ開業(即独)に向けて進める事にしました。困難な道だと思いますがワクワク感が止まりません。
この気持ちを忘れず、誠実に真摯な姿勢で取り組みます。
先生のブログで沢山のヒントを貰いました。
先生にお会いできて本当に良かったです。
追いつくのは難しいとは思いますが必死にやってみます。
土地家屋調査士として鈴木先輩にお会いできる日を楽しみにしてます。
ありがとうございました。」

宣言どおりに合格されたこと、そして奥様のご理解も得て土地家屋調査士を目指すとのこと、そして誠実に真摯な姿勢で取り組むということ、私のガイダンスだけでなくブログも役にたったということも含めて、とても嬉しいお便りでした。

ただし、この開業(即独)という言葉が少し心配になりましたので、昨日お電話で話しました。ご理解なさったと思いますが、念のため電話の内容をまとめますからもう一度確認してください。

お電話によると、近隣の先輩のお手伝い(アルバイト)をしながら実力を付けるとのことでしたね。
「何故、どこかの事務所の補助者になって実力を付ける道を選ばないのか」という私の問いに「いろいろな事務所のお手伝いをすることの方が実力が付くと思う」という言葉がありました。

Sさんがある程度の実力を持っているのなら、それも良いと思います。
しかし、Sさんはまったくこの業界のノウハウを持っていません。
そんな何もわからない人が、先輩の事務所の手伝いがあるとすれば、事務所が忙しいときのスポット的な測量の助手程度だと思います。
それだけで測量能力や筆界鑑定能力や法律的判断能力が身につきますか。また、一番大事なお客様の問題解決能力などが身につきますか。
報酬計算や事務所経営の能力が身につきますか。
それらの点を独学でどのようにカバーすると計画していましたか。

お話しを聞いていると「補助者は給料が安い」という言葉がありました。
結局、それがSさんの本音でしょうか。
補助者は確かに今の給料に比べたら安いでしょう。
だって、Sさんが何歳でもこちらの世界では新入社員ですし、何もノウハウが無いのですから。
おそらくSさんは、今更新入社員から始めるのに抵抗が有るのではないですか。

Sさんの考えているアルバイトを2,3年する選択を考えてみましょうか。
どんな事務所でも、そんなに頻繁にお手伝いは不要でしょう。
毎日アルバイトが必要な事務所なら、その分の人材を雇っていると思いますから。
まったくノウハウのないSさんが得るアルバイト代は、月数回ですから月数万円程度でしょう。
それこそ生活ができないでしょう。
そして、それを何年続けたら一人前になるのですか。
ビジョンが甘すぎますよ。

言い方を変えましょうか。
Sさんがよくご存じの宅建業での開業に置き換えて考えてみてください。
まったくの素人の方がたまたま宅建試験に合格して、即開業することを想定してください。試験合格程度では宅建業を営むノウハウは何もないはずですね。
その必要なノウハウをアルバイト程度で身に付けようとする考え方は、かなり危険なことだとSさんならお分かりですよね。
不動産業のスポットのアルバイトなら、せいぜいチラシ配りとか旗立てなどでしょう。宅建業の決済や重要事項説明の場にアルバイトが同席することは有り得ないでしょう。
そんなアルバイトを2,3年するだけで、収入が安定する宅建業者になれますか?
もう少しじっくり考えてみてください。

まずは、少し土地家屋調査士の業務を見た方が良いでしょう。
アルバイト代を稼ぐと考えず、「ただで良いですから1週間(1ヶ月)ほど事務所を手伝わせていただけませんか?」と何カ所かお願いした方が、Sさんの勉強の機会はあるかも知れません。

私は確かに補助者勤めをせずに即独しました。
自分の経歴ですから嘘は書きません。
それを上辺だけで理解されても困るのです。

私の開業はインターネットの無い時代で、しかも師匠も無かったわけですから、疑問点を簡単に調べることはできませんでした。
本当に身を削って勉強しました。
自分のことで恐縮ですが、新人であれだけの量を勉強し続けている人にほとんど会っていません。

土地家屋調査士はとても良い仕事だと思います。
専門家として広く深いノウハウを身に付けたら、とても魅力的な仕事になります。
反面、勉強不足で仕事が無い先輩達もたくさんいます。
良いことだけではなく、厳しいことも正しく伝えたくてガイダンスを続けてきたつもりです。

私はSさんをどこまでも応援します。
Sさんにはどこまでの覚悟がありますか。




2020年2月9日日曜日

土地家屋調査士試験合格後どの事務所で修行するのか

2月14日が今年の土地家屋調査士試験の口述試験の合格発表日ですね。
一週間を切って発表をわくわく待っている人達が多いでしょうね。
私のところにも筆記試験合格発表あたりから、また合格者から沢山の質問や相談が届いています。

皆さん、開業するのにどうすれば良いかという相談ですが、大きな問題として3つでしょうか。
1.開業資金
2.専門家としての実力
3.継続的な業務受託

詳細は開業ガイダンス等でお話していますが、参加できない方が多いので、継続してこのブログにヒントを書いてきました。よろしければ過去の記事もご覧ください。

昨年末の東京で開催した開業ガイダンスに参加されたNさんの当初の質問が以下のとおりでした。
「現在、私はまったく異業種の会社員です。実は、開業を前提に補助者としてお手伝いをさせて頂けそうな先輩方からのお声がけを頂戴しております。私としては、業務に全く自信がありませんのでそのような形で実務の勉強をさせて頂けることは非常にありがたいと思っており、まずは補助者としての経験を検討しております。
そこで、ご質問させて頂きたいことは

 1. 即独立してしまったほうが自己研鑽に磨きがかかりそうですが、反面失敗してしまうリスクも大きいように感じておりますがいかがでしょうか。

 2. 家族もおりますので、特に1年目の補助者の間の薄給に耐えることができるでしょうか。
 3. (省略。開業ガイダンスで答えました)」

開業資金は現職の間に準備できたようです。目標を持ってこられたのですね。立派です。

1の「即独立」か「補助者修行」か、についてコメントしました。
「専門家としての実力」については、試験合格程度の能力では、まったく役に立ちません。これは、ちょっとでも先輩土地家屋調査士とお話しすればすぐ分かることでしょう。
ではどうするかですね。
私は以前から書いていますが、即独の道を選びました。
補助者もやらずに独立したのです。
自分でやってみて思いますが、これはとてもキツイ道です。誰にでもお勧めするものではありません。
多額の専門家責任を問われるリスクのあるなかで、必死で独学をしながら業務をしていくということは無謀に近いものがあります。
できればどこかで修行すべきと思います。

さて、2の「1年目の薄給に耐えることができるか」って質問ですが、昨年の東京のガイダンスの質問に対する一番短い回答になりました。

「知らんがな」(笑)

私がいつも書いているように、修行したくてどこかの事務所の補助者になるのですよね。本来教えてもらうのなら授業料を払うべきものです。それを給料もらえるのだから諦めましょう。それも含めて開業資金だと思うしかありません。

ではどこで修行するかです。
募集しているところが丁度理想的な事務所なら良いですが、頻繁に募集しているところは間違いなく頻繁に退職している事務所ですし。

一番考えて欲しいのは、補助者は通過点で永久就職でないのですから、その期間の待遇を気にしすぎないことです。最近の傾向として、長期間の待遇を考えて法人勤めを検討する人が多いです。
「それってサラリーマンになりたかったのですか?」と聞きたくなります。
人数の多い法人はルーチンワークで回しているところが多く、何年勤めても土地家屋調査士として総合的な実力が付かないところが多いです。もちろん全部の法人を否定しているのではありません。少なくても私に相談してくる方々の環境はそんなものです。

かと言って、少人数でやっている事務所の方が総合的な実力が付くのかは、やはり各々の事務所次第です。
だから最終的に独立するつもりなら、そこの先生と会って、しっかり相談してから選ぶべきです。

募集していなくても、嫌われない範囲で気になる事務所に相談に行くのはいかがでしょうか。
募集していないのだから、おそらくほとんどは雇ってもらえないと思いますが、運良く土地家屋調査士に会えればなんらかヒントはもらえるでしょうし、あなたの社会人としての良識あるアポイントと話しぶりによっては、気に入られることもあるかも知れません。







2020年2月3日月曜日

キャッツ 映画版

私はミュージカルが好きです。
たいていのミュージカル舞台は観ていますし、映画になったものも観ています。
もちろん「キャッツ」も観ています。
私が事務所で残業するときの定番は「オペラ座の怪人(25周年記念公演 in ロンドン)」や「キャッツ(2013)」などの映像をBGVとしてかけっぱなしにすることです。

その「キャッツ」をトム・フーパーが映画にして、しかも評判が悪いとのこと。
まあ観てみましょうと行ってきました。

結論、私には十分楽しめました。





帰ってからどんな理由で評判が悪いかちょっと見てみました。

「ストーリーが分かりにくい」
「ストーリーがない」
「猫メイクのCGが気持ち悪い」
「映画にする意味が分からない」etc.

なんだそんなことですか。

ストーリー云々についてですが、もともとこのミュージカルの原作は、様々な猫の性格や人生(猫生?)を人間になぞらえたエリオットの詩であり、起承転結の分かりやすい物語ではないのです。だから次々と現れる猫の猫生を表現する歌と踊りを楽しむのが「キャッツ」の見どころです。ミュージカルが嫌いなら、この映画はこの点でつらいかも知れません。

猫のCGメイクについては確かに馴染みのあるものではないでしょう。
顔に猫メイクをせずにそのままにして、その他をCGで毛を生やしている姿は、誰も見たことのないものでしょう。
でも舞台の猫の衣装とメイクだって違和感があったはずです。それに慣れただけの話しだと思います。
映画の場合は舞台と違い顔をアップで見せることになるので、このような顔出し設定にしたのでしょう。
私は見始めてすぐに慣れました。少なくても「アバター」を観たときよりも早く違和感がなくなりました。
さらに、猫の行動学の専門家の監修を得て、動きが人間らしくなるとすぐに注意されたとのことで、皆の動きがより猫に見えました。尻尾の動きも自然で良かったですね。

映画化については当然賛否が有るでしょう。
舞台が完成形なのに何故映画が必要かという問いですね。
私はこれにも肯定派です。
他のミュージカルも舞台と映画がどちらも存在するものは多いです。
私は映画の方が好きだということではありません。
自分の好きなものを同様に好きな人がいて、その人なりにもっと良いものにしたいと思ったわけですから、それは良いことでしょう。
選択肢が増えることは否定しなくても良いでしょう。

いつも思うのですが、違和感のあるものを排斥しなくても、選択肢が多い方が楽しいでしょう。
その上で「今回の映画化が失敗だ」と思えば「私は舞台が好き」と言えば良いだけです。
それなら次の映画化を楽しみにしても良いでしょう。
舞台版だって配役も演出も少しずつ変わっているのですし。

今回の映画化に際して、原作に戻ってエリオットの詩から作り直すことも考えられたでしょうが、敢えて既に完成形である舞台を尊重して、それに手を加える選択をしたようです。限られた舞台の演出に映画の自由度を加えるというアプローチでした。
それが成功かというとやはり意見が分かれるでしょう。

少なくても私は楽しめました。
舞台版で熟知している猫の見せ場を「映画ではこう来たか」などと思い、ニヤニヤ(ニャーニャー?)して観ました。
なにしろ、各登場猫にバレエ、ダンス、歌唱、演技の第一人者をキャスティングしているのですから、十分楽しめました。
フランチェスカ・ヘイワードの優雅なバレエが猫に見えて可愛いし、まさかの雌猫設定の長老猫がジョディ・デンチでとても納得だったし、ジェニファー・ハドソンの「メモリー」の歌唱は感動ものだったし、書き始めたらほかにも見どころはいくらでも書けそうです。

本当に楽しかったですよ。
どちらが好きかと言われたら私も舞台版の方だと思いますが、この映画も動画として配信されたら買うと思います。
残業時には、舞台版をメインにして、たまに映画版を流す感じですね。
実は残業時の「オペラ座の怪人」も、たまには映画版(2004年)も流していますし。

猫好きなら、怖いもの見たさでいかがですか。






2020年1月27日月曜日

法律条文をネットで検索するな

新人達に常に言ってます。
勉強中なら法律の条文をネットで検索してはいけません。

法律条文を、その条文だけピンポイントで読んでも、本当の理解はできないでしょう。
目的があって法律はできています。
その本来の目的を意識しながら法律全体像を把握した上で、その法律の中の各条文の位置づけを意識しないと、本当の理解は難しいです。

「新人達の多くは条文を覚えているけれど法律は理解していない」という印象が私にはあります。
資格試験合格程度ならそれでも何とかなるでしょうけれど、プロの専門家としてやっていくことは無理でしょう。

完全に理解した法律をちょっと検索するなら良いですが、曖昧な理解の段階でネット検索は本人のためになりません。

鈴木事務所の補助者には、常に六法を手元に置き、私が許可するまではネット検索で条文を読むことを禁止しています。

書籍の六法を開いて、条文を調べなさい。
そしてその条文の置かれている前後を読みなさい。
時間が有るときには、一度調べた法律の全体を読んでみなさい。
調べた条文が法律全体でどんな位置づけか、どんな役割かを考えなさい。

それをやらないと完全に法律を読み誤ります。

例えば農地法を考えてみましょうか。
3条、4条、5条だけを読んでいるから、農地法は農地を売買や転用をする法律と勘違いするのです。農地法の目的は逆です。






2020年1月20日月曜日

ケアレスミスは致命的な問題なんだよ

実務でも試験でもケアレスミスをしてしまうことがあります。
これを本人がどう分析しているのか、ここがその人の人生の分かれ目だと思っています。

ミスには、基本的な知識不足によるミスと、知識はあるのだけどついウッカリでミスしチェックからも漏れたなどのケアレスミスがあります。
結果的にはどちらもミスで、深く反省しなければならないということは誰でも理解しているはずですが、ケアレスミスについては甘く考える人が多いです。
「所詮ケアレスだから今度は気をつけるし問題はない」という考え方ですね。

私は、まったく逆だと思っています。
知識不足は反省して勉強すればいずれ解決します。
しかしケアレスミスやチェックミスなどは、本人の性格から来るものです。
だからこちらの方がとても直すことが難しいのです。
そして、それを本人が自覚していないことが致命的な問題なのです。

試験に受からない人、仕事でミスする人は、もう一度考えてみてください。
特に土地家屋調査士などの専門家を目指す人で、ケアレスミスが出る人は猛省してください。
「チェックしたつもりですが…」という言い訳を、今まで何人もから聞いています。
そんな言い訳が独立してから通用すると思っているのですか。
試験なら自分が落ちるだけだけど、実務なら他人にとても大きな迷惑をかけることがあるのですから。










2020年1月13日月曜日

土地家屋調査士試験合格と事務所開業運営ガイダンス

1月8日は土地家屋調査士筆記試験合格発表の日でした。
仙台管内(東北地方)で30名でした。昨年が多めの39名で、一昨年が24名でした。
東北地方以外の友人の事務所でも、補助者の方や息子さんが合格したという嬉しい便りも届いております。
口述試験が残っているとはいえ、大きな山を越えたということで、まずはお祝い申し上げます。
おめでとうございます。

さて、8日の合格発表後、具体的な事務所開業相談も少しずつ来はじめています。
緊急性のありそうなところから個人的にお答えしておりますが、年末年始の私個人の業務も忙しい中、昨年の東京開催の開業ガイダンスのフォローも全部終わっていない状況なので、若干お時間をいただきながらの回答になっております。

もちろん、共通の質問については、このブログで答えていきます。
また過去のブログで答えたテーマについても、「私の過去ブログを読んでくれ」という失礼な答え方をするくらいなら再度答えた方が良さそうなので、それは重複しても答えていきます。

また、今年の「土地家屋調査士事務所開業運営ガイダンス」の開催はいつかというお問合せは多数届いています。
私開催の開業ガイダンスについては、今年の具体的な日程は決まっていません。
業務の合間に開催しておりますので、ご理解ください。
ただし最近参加リクエストが多いので、今年は少し皆さんの受講機会を増やすように工夫したいと思っております。
これも、詳細はブログでお知らせしますので、たまにチェックしておいてくださいね。




2020年1月10日金曜日

ジェットストリーム エッジ 油性ボールペンの限界

今年の初売りでゲットしたものは当然文具です。
「ジェットストリーム エッジ」です。
あの大人気油性ボールペンのジェットストリームで、なんと0.28mmの細書きが出たのです。



ボールペンの原理は、「ボール」とボールを保持する「かしめ」の間の極々狭い間隙をインクが流れ、ボールに付いたインクが紙に転写されることで線が引かれるのです。
水性インクやゲルインクなどの粘性が低いインクならば、その狭い間隙を流れやすく、より細書きのボールペンが作ることができます。そして粘性が低いインクはサラサラと書き味も良いものが作りやすいのです。ただし、インクの乾きが悪かったり、複写用紙に使用しづらいなどの弱点もあります。
油性インクは、この逆の性質を持つわけですから、この0.28mmの細書きを作るために、インクの調整と工作精度の向上に大変な苦労をしたはずです。

結構誤解されていますが、0.28mmのボールペンの線幅は0.28mmではありません。
この数値は直径です。
実際の線幅は「紙にボールが接している幅+インクの転写量(紙への広がり)」になります。
以下の図で分かるでしょうか。

この図のとおり、当然表示直径より線幅は細いです。
理論上は紙と接するのは幅や太さが無い1点のはずですが、実際は紙の柔らかさとインクの広がりの幅になります。
だから同じ0.28mmのボールペンでもインクの質によって線幅は変わります。
この点からお分かりのように粘性の高い油性インクのボールペンは水性インクよりも広がりが少ない分、更に細い線を引くことができます。

だから、油性ボールペンであるこのジェットストリームエッジの線幅はとてもとても細いです。


5mm方眼に書いてみました。
左は画数の多い「土地家屋調査士鈴木修すずきおさむ仙台市青葉」
右はカタカナで「アイウエオカキクケコサシスセソタチツテトナニヌネノ」まで5mmのマス目に書きました。
下の太く見える青い文字はサラサドライの0.5mmで書いた文字です。
これも結構小さな文字です。
ついこの間までボールペンの0.5mmは細書きだったはずですから。

油性で細書きのペンを製作するのが難しいのに、ジェットストリームで細書きペンが完成したら最強だったという話です。

発売が昨年12月20日でしたが、まだまだレアで手に入らないかも知れません。
文具店で見かけたら1本確保して良いペンだと思います。
オシャレな5色の種類があり、1000円(+税)です。








2020年1月4日土曜日

新年のご挨拶

新しい年を迎えました。
皆様はどんな年を迎えたのでしょうか。
私は昨年父を失っており喪中ですので、特に正月らしいことをしておりませんでしたが、カレンダーや手帳を新たにしたことで、気分が変わりました。

毎年、新しいカレンダーや手帳をおろすときがとても好きです。
この新しいカレンダーを壁に貼り、新しい手帳の365日のページをめくり、これからの1年に思いを巡らせます。

これからの365日をどんな日にしてやろうか。
三が日で大雑把な1年計画を書きました。
今年出会う仕事も一生懸命取り組んで、個人的には新しいスキルにもチャレンジしたいと思っています。
また前から温めているあの計画は今年なら実現できそうです。
とてもワクワクしています。

何が待っているにしても、何事に対しても私の全力で当たりたいと思います。
昨年同様、今年もよろしくお願いいたします。