2017年1月25日水曜日

「きれいごと」だけでも、筋を通して貫けば、事務所は潰れません

「近畿ブロック協議会新人研修会」と「土地家屋調査士事務所開業ガイダンスin大阪2017」は無事終了しました。今週は「中部ブロック協議会新人研修会」の講師をしてきます。

私は講師で生計を立てているのではないのですから、この期間のスケジュールが一年で一番キツイ時期です。お客様のお仕事を優先にするために、昨年からほぼ休みはありません。
それでも、今回も受講生の皆さんからお礼のお便り等をいただいて、お役に立った実感があります。もう少し頑張って定期的に新人の為の活動を継続しようと考えています。


さて、先日のガイダンスの中の話題です。

「我々のお仕事について『世の中はそういうもの』『きれい事だけでは・・』というニュアンスを先輩に言われたが」という質問が有りました。

どの業界にも訳知り顔の「世の中は・・」という人がいると思います。
私はいつも次のように言います。

「きれいごと」だけでも、筋を通して貫けば、事務所は潰れません。

今現在のところ、その先輩は事務所を潰していないのでしょう。
新人から見ると繁盛しているように見えるのでしょう。
でも、私も事務所を潰していません。

「きれいごとでないこと」って懲戒すれすれのことでしょう。
そんなことをしなくても、何の問題もなく事務所は経営できます。

「私の地域はそうなんだ」という人もいるかも知れませんが、私は違うと思います。
その人が自己正当化したいからそんなことを言っているのだと思います。
それなら、1人の先輩だけでなく、他の先輩達にもお話をお聞きしましょう。

そんなことを言って、ふらふらと目の前のお客様に合わせて、事務所の信念まで変える人なら、専門家としてかえって信頼感を薄めると思うのです。
だったら、そのお客様に雇ってもらった方が良いでしょう。

他の業界を考えてみてください。
地域のお客様全員に気に入られるお店はありません。
お客様はそれぞれ気に入ったお店を選びます。

様々なお客様がいます。
だから、様々な事務所が成り立ちます。

あなたが質問したのは、その先輩の行動が嫌だからでしょう。
自分の理想の仕事をしたくて、独立したのでしょう。

心配しなくて良いです。
それを貫いてください。
先輩の事務所とは別のタイプのお客様がついてくれると思います。

もちろん、理想を貫くには圧倒的な実力が必要です。
それでも、時間をかければ、実力は身に付けることは可能です。
一度失った信頼感は、時間をかけても、なかなか取り戻すことはできません。

大丈夫です。
大儲けはしていませんが、私の事務所は潰れていません。

どちらを信じるか、どちらの道を歩みたいか、あなたが決めてください。